今ではそう多くはなくなった架空請求ではありますが、それでもその被害は後を絶たないというのが現状です。
実際にそのサイトを利用していないにも関わらず請求書が届くことを架空請求と言います。

 

一般的に架空請求は無視してかまわないという流れができ上がりました。
一時期は架空請求のはがきやメールに関する相談で警察署の電話回線が混乱をきたしたということもよく聞くニュースでした。
そのためそのころから架空請求に対する対処法がメディアなどを通して広く浸透し今では架空請求が届いたところで気にもならないというまでになってきました。

 

しかしそれが全ての人というわけではないのです。
実際に出会い系サイトを利用したことがある人であったりするとその届いた架空請求には見覚えがないとは言い切れない、そんな心情があるはずです。
悪質な出会い系サイトであれば、広告やリンク、もしくはサクラの誘導により意図していなかった何らかのサイトへ移動してしまうということがあるでしょう。
その一瞬のページが届いた架空請求によって頭に蘇るということがあるのではないでしょうか。

 

どのような場合であったも架空請求が届いた場合には全く無視してかまいません。
万が一その請求書が架空のものではなく実物であったとしたら後々裁判所からの支払督促という物が届きます。
そうなってから支払う、というくらいのことで構わないのです。
まずはサイト利用の請求書に関して怯えない、このことが一番大切です。